昨春の「借り」を返す-。第98回全国高校ラグビー大会は5日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で準決勝2試合が行われる。2大会ぶりの優勝を狙う東福岡は桐蔭学園(神奈川)とAシード対決。昨春の選抜大会で敗れた雪辱を果たそうと、キッカーも務める司令塔のSO吉村紘(3年)は並々ならぬ闘志を燃やす。4日には神戸市内で調整。約1時間半の練習などで試合に備えた。

 全体練習を終えた吉村はさらに集中力を高めるようにキックの動作一つ一つを確認した。左右のタッチライン際や10メートルラインからポールの間を正確に通していった。「毎試合全部入れる気持ちで入っている。次も一つ一つのキックを意識したい」...    
<記事全文を読む>