弓道の第37回全国高校選抜大会最終日は26日、ジップアリーナ岡山で団体の男女決勝トーナメントを行い、女子の大垣商が準優勝した。

 女子大垣商は1回戦の赤穂(長野)に9-6、準々決勝は石巻西(宮城)を9-9から2度にわたる競射を3-2でものにしてベスト4進出。準決勝は宇部フロンティア大香川(山口)に9-7で競り勝ったが、決勝は祐誠(福岡)に7-11で敗れ、優勝は逃した。

 小森升裕監督は競射となった準々決勝に触れ「一番きつい試合だったがよく接戦をものにしてくれた」と振り返った。だが決勝は前半6本目までは互いに5中ずつだっただけに、「インターハイではリベンジできるよ...    
<記事全文を読む>