レスリングの第29回ひむか杯高校九州選手権兼JOCジュニアオリンピック予選会最終日は25日、宮崎市の県総合青少年センター体育館でグレコローマンのジュニア(17~20歳)、カデット(15、16歳)の決勝までがあった。佐賀県勢はジュニアで55キロ級の荒木瑞生(鳥栖工)と97キロ級の芹川力亜(鹿島実)が優勝。カデットでは60キロ級の伊藤翔哉(鳥栖工)、65キロ級の須田快晴(鳥栖工)、71キロ級の小柴伊織(鳥栖工)がそれぞれ栄冠をつかんだ。

 =県勢の上位成績=

 【ジュニア】グレコローマン55キロ級 (1)荒木瑞生(鳥栖工)(3)鐘ヶ江直也(同)▽同97キロ級 (1)...    
<記事全文を読む>