関東高校選抜バドミントン初日は23日、宇都宮市体育館で男女団体などを行い、男子の宇北、女子の作新がともに準優勝で全国高校選抜大会(来年3月・茨城)出場を決めた。宇北は初、作新は11年連続13回目の出場。

 宇北は男子団体準決勝で敬愛学園(千葉)に3-1で勝利。西武台千葉(同)との決勝では、ダブルスで2敗した後に第1シングルスの工藤瞳哉(くどうとうや)がストレート勝ちしたが、第2シングルスの北川史翔(きたがわふみと)がフルゲームで力尽き、1-3で敗れた。

 女子団体は作新が全試合ストレート勝ちで準決勝までを勝ち上がったものの、決勝では西武台千葉に0-3で敗れた。<...    
<記事全文を読む>