近畿三府県で二十二日に開幕する全国高校選抜ホッケー大会に、男子の武生工(越前市)が初出場する。一九七五(昭和五十)年の創部以来、初めて挑む全国大会でもある。部員集めに苦労し、今年のメンバーも半数以上が高校入学後にスティックを握った。ホッケーを楽しみながら、大舞台を心待ちにしている。

 十月の福井国体で優勝した成年男子県選抜チームで監督兼選手としても活躍した為国壮(たけし)監督は、就任九年目。「部員が一~三人の時もあった」と明かす。越前市の中学校には、競技が盛んな隣の越前町とは違いホッケーの部活動がない。鯖江中(鯖江市)から経験者が入学する年もあるが、それでも少ない。現在の三...    
<記事全文を読む>