第七十一回全日本バレーボール高校選手権大会(春の高校バレー)は来年一月五日、東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで始まる。県代表は、男子の福井工大福井が二年ぶり四十二回目、女子の福井工大福井は五年連続五回目の出場で、ともに四強入りを目指す。

 男子は、ブロックとレシーブの強化が目下の課題だ。県代表決定戦では中央からの攻めに弱さを見せた。特に相手エースと対面することが多い右側のブロック強化がポイントとなる。これまでの最高成績はベスト8。田中友貴主将は「勝ち上がっていくのが楽しみ」と気持ちを高ぶらせる。

 女子は、エースの山下晴奈主将が大黒柱。「あいつが駄目ならチー...    
<記事全文を読む>