バレーボールの第71回全日本高校選手権(春高バレー)は1月5日、武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する。本県代表の男子は3年連続出場の静清が大村工(長崎)-習志野(千葉)の勝者と6日の2回戦で対戦し、女子は6年連続出場の富士見が西原(沖縄)と5日の1回戦でぶつかる。

 ■男子・静清 先発4人の経験強み
 セッター高橋、ライト水野、レフト森、センター榑林の先発4人が3年連続の全国舞台で、経験値が強み。榑林とリベロ山田を軸にした組織的な守備と、高橋が組み立てる多彩な攻撃で、初の2回戦突破を目指す。
 習志野はセンター中心の攻撃を得意とし、大村工は前...    
<記事全文を読む>