男子第69回、女子第30回の全国高校駅伝が23日、京都市の西京極陸上競技場発着のコースで行われ、男子の八千代松陰は7位に入賞し、女子の成田は9位だった。

 八千代松陰は1区の佐藤一世が区間2位の好走。6区の富田峻平が4位でたすきをつなぎ、アンカーの水村竜己は順位を落としたものの、7位でゴールした。成田は1区の風間歩佳、2区の小坂井智絵が区間3位の走りをみせ4区まで3位だったが、終盤に追い上げられた。

 男子は倉敷(岡山)が2年ぶり2度目の優勝を果たした。女子は神村学園(鹿児島)が25度目の出場で初優勝を飾った。

...    
<記事全文を読む>