男子第69回・女子第30回全国高校駅伝の開会式が22日、京都市内であり、佐賀県代表の男子・鳥栖工、女子・佐賀清和の選手たちが本番での健闘を誓った。大会は23日、同市の西京極陸上競技場を発着点に男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロのコースであり、男子47校、記念大会の女子は58校が熱戦を繰り広げる。

 開会式後の激励会では、県教委の青木勝彦副教育長と県高体連の吉松幸宏会長が「多くの人の思いをたすきに込めて走ってほしい」と激励した。鳥栖工の西久保遼主将は「悔いの残らないよう、全員が力を出し切りたい」と誓い、佐賀清和の武冨沙輝主将は「応援してくれる全ての皆さん...    
<記事全文を読む>