男子第69回・女子第30回全国高校駅伝は23日、京都市の西京極陸上競技場を発着点にあり、男子47校、記念大会の女子は地区代表を加えた58校が争う。佐賀県勢は男子が9年連続43度目の鳥栖工、女子は4年連続6度目の佐賀清和が出場。女子(5区間21・0975キロ)は午前10時20分、男子(7区間42・195キロ)は午後0時半にスタートする。大会を前に両チームを紹介する。

■屈指の選手層、入賞射程 男子・鳥栖工(9年連続43度目)

 チームには5000メートル14分台の選手が21人そろい、全国屈指の選手層を誇る。メンバー7人の平均タイムはこれまでのチームの中でトップ3に...    
<記事全文を読む>