年末年始に行われる高校スポーツの全国大会は、23日の駅伝とバスケットボールを皮切りに、ラグビー、サッカー、バレーボールが順次開幕する。県予選を勝ち上がり、全国の強豪に挑む本県代表校の本番直前の様子を紹介し、大会を展望する。

 ◇  ◇

駅伝男子(23日・京都)
【秋田工・6年連続24度目】

 5千メートル14分台中盤から後半にかけてのタイムを持つ1~3年生がバランスよくそろっており、総合力で勝負して8位入賞を狙う。竹村拓真主将(3年)は「積み重ねてきた練習の成果を発揮し、チームとして粘りのある走りをしたい」と意...    
<記事全文を読む>