九州学院がベスト8の「壁」にはね返された。208センチのコンゴ人留学生センターを擁する報徳学園との登録選手の平均身長差は約7センチ。信条の粘り強いディフェンスも高さに苦しみ、第3Q以降に得点を重ねられた。田中監督によると全国大会での8強入りは「総体では1度だけあるが、ウインターカップでは3回戦どまり」という。先発メンバー唯一の3年生として後輩を引っ張った伊藤は「自分が崩れたらチームも崩れてしまう」と気力を振り絞って40分間コートに立ち続けた。

...    
<記事全文を読む>