バスケットボールの全国高校選手権第4日は26日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、男子3回戦で県勢の羽黒は実践学園(東京)に70―83で敗れた。

最終盤に踏ん張れず―第3Qまで互角の展開
 男子の羽黒は第3クオーター(Q)まで53―57と互角の展開だったが、連戦の疲れもあり最終盤に踏ん張れなかった。斎藤仁監督は「うまくついていけたが粘り切れなかった。もう一度奮い立たせたかった」と唇をかんだ。

 第1Qにエース渡部凌が得点を重ね23―16とリードするなど、前半は38―38の同点。第3Qも高橋世紀主将を軸に食らいついたが...    
<記事全文を読む>