東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われている第71回全国高校バスケットボール選手権第4日の26日、女子の準々決勝で石川代表の津幡は高知代表の高知中央に64―61で競り勝ち、23年ぶり2度目の準決勝に駒を進めた。

 津幡のベスト4入りは、3位に入った1995(平成7)年の大会以来となる。27日午前11時40分からの準決勝でインターハイ準優勝校の岐阜女と対戦する。インターハイでは準々決勝で61―82で敗れており、雪辱を果たせるか、注目される。

...    
<記事全文を読む>