各都道府県の代表が競うバスケットボール3人制の「3×3」(スリーバイスリー)U―18日本選手権が7日、高崎アリーナで開幕した。男女とも4~5チームずつの予選リーグを行い、群馬県勢は女子の高崎商高(H組)が2戦2勝し予選突破に王手をかけた。男子の桐生第一高(H組)は1戦1勝。8日は予選リーグの残り試合として、高商が1試合、桐一が2試合に臨む。各リーグ上位2チームが決勝トーナメントに進み、男子は同日1回戦を戦う。

 【女子】▽予選リーグH組

高崎商高 21―15 若宮商高(愛知)

高崎商高 21―11 SWAGG...    
<記事全文を読む>