第97回全国高校サッカー選手権は30日、東京・駒沢陸上競技場で開幕し、開会式では2大会連続6度目の出場となる本県代表の流通経大柏など48校が入場行進した。

 平成最後の大会の選手宣誓は初出場の瀬戸内(広島)の佐々木主将が務め「2020年の東京五輪や22年ワールドカップに夢をはせながら、新たな時代の幕開けとなる歴史の一ページをつくる」と力を込めた。

 開会式後の1回戦では那覇西(沖縄)が1-1で迎えた駒大高(東京B)とのPK戦を10-9で制し、2回戦に進んだ。前半に駒大高が原田のゴールで先制したが、後半に那覇西は宮国が同点ゴールを決めた。

 第2日の3...    
<記事全文を読む>