■才能におごらず MF唐山明大(3年)

 鮮やかな2ゴールだった。県西宮との兵庫県予選決勝。MF唐山明大(めいだい)がいずれも林主将の左クロスに右足を合わせ、50年ぶり優勝の立役者になった。「ボールが足に吸い付いた。気持ちが強かった分、プレーに出た」と殊勲の場面を振り返る。

...    
<記事全文を読む>