30日に開幕する全国高校選手権に出場する桐光学園サッカー部の激励会が24日、選手や家族、後援会の関係者ら163人が出席して川崎市内のホテルで開かれ、2年ぶり11度目の出場となるイレブンが悲願の全国制覇を誓った。

 準優勝に終わった夏の全国高校総体(インターハイ)の雪辱を誓うDF望月駿介主将(3年)は「プリンスリーグは9位というふがいない結果で、後輩たちに申し訳ないことをしてしまった。3年生にとっては最後の大会なので意地を見せたい」と決意表明した。

 就任6年目の鈴木勝大監督(41)は「いよいよ最後の追い込みをかけて大会に突入する。覚悟と決意を...    
<記事全文を読む>