西日本豪雨後に平島小(岡山市東区東平島)でボランティア活動をした学芸館高サッカー部を21日、同小の教諭が訪ね、感謝を伝えるとともに全国高校選手権に出場する選手を激励した。

 岡孝郎校長ら3人が同高瀬戸内グラウンド(瀬戸内市邑久町下笠加)を訪問した。イレブンを前に岡校長が「豪雨後に来ていただき、非常にありがたかった。全国大会で力を発揮してほしい」とあいさつ。全校児童が手作りした千羽鶴と「がんばれ学芸館」などと記した横断幕を手渡した。

 7月11、12日に選手70人ずつが平島小で作業。廊下や教室に流れ込んだ泥を取り除いたり、床をふき上げたりした。...    
<記事全文を読む>