第97回全国高校サッカー選手権大会(12月30日~来年1月14日・首都圏9会場)に出場する秋田商の選手、監督ら4人が30日、秋田魁新報社を訪れ、初戦突破に向けた抱負を語った。

 同社を訪れたのは石井潔校長、小林克監督、MF鈴木宝主将(3年)、主務のDF高橋海陽(同)。4年連続44度目の出場となる秋田商は12月31日午後0時5分から、千葉市のフクダ電子アリーナでの1回戦で、3年ぶり33度目出場の四日市中央工(三重)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>