全国高校ラグビー大会第3日は30日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で2回戦16試合が行われ、Bシードの佐賀工が京都成章に0-33で大敗し、1994年度の74回大会以来、24大会連続で突破していた初戦に敗れた。同じBシードの長崎北陽台は71-0で鹿児島実に完封勝利。Aシードの東福岡は関商工(岐阜)に69-3で快勝した。大分舞鶴は桐蔭学園(神奈川)に7-67で敗れた。元日に3回戦8試合が行われる。

 佐賀工の代名詞といえば強力FW。しかし、その“伝統の力感”は、全く感じられなかった。Bシードがノートライでまさかの完封負け。ノーシードの京都成章に5トライを...    
<記事全文を読む>