第98回全国高校ラグビー大会で初戦突破した静岡県代表の聖光は29日、2回戦に向け奈良県天理市内で練習した。30日に同校初の花園2勝を懸け、シードの黒沢尻工(岩手)と対戦する。
 選手は軽めの筋力トレーニングを行った後、タックルの動作やラインアウト、攻撃時の戦術の確認などに約1時間半を費やした。
 4年連続30回目出場の黒沢尻工は準優勝1回、4強入り5回の実績があり、強力FWと豊富な運動量が特徴。聖光は高鍋(宮崎)に競り勝った1回戦と同様、守備で相手の持ち味を封じることが鍵になりそうだ。「自分たちのペースに持ち込めばいい勝負になる」とフッカー水野。ナンバー8植田は「低...    
<記事全文を読む>