第98回全国高校ラグビー大会の第2日は8日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場第1グラウンドで1回戦を行い、県代表の名護は早稲田実業(東京第1)に3―55で敗退した。平均体重は名護がやや上回り、守備から攻撃のリズムをつくるという似たチーム同士の対決。開始6分、仲本裕平のペナルティーキックから3点先制した名護だったが、同10分にラックからターンオーバーを許し、トライを決められて逆転された。その後、前へ出る守備で早実を食い止めたかったが、U―17日本代表の今駒らに何度もトライを決められ、リードは広がっていった。初出場組では桐生第一(群馬)が米子工(鳥取)に110―0で大勝。聖光学院(福島)は城...    
<記事全文を読む>