第98回全国高校ラグビー大会は27日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕した。開会式では本県代表の聖光など51校が、来年のワールドカップ(W杯)に向けた大規模改修工事を終えた「聖地」で力強く行進した。開会式の後に行われたU18(18歳以下)花園女子15人制東西対抗戦では、東海大翔洋のSH土井環奈(3年)、プロップ根塚智華(1年)、SO杉田生璃(1年)が東軍の一員として後半から出場。試合は10―12で西軍に敗れた。
 女子15人制東西対抗戦でピッチに立った東海大翔洋の土井、根塚、杉田は、1点を争う試合でそれぞれ持ち味を発揮した。
 SH土井は素早い球出しで東軍の展開...    
<記事全文を読む>