大阪府東大阪市の花園ラグビー場で27日に開幕する第98回全国高校ラグビー大会に、仙台育英が県代表として出場する。1回戦(27日)で対戦する京都成章は高校日本代表候補3人を擁する強豪だ。スピードを生かした攻撃で2年ぶりの初戦突破を目指す。

 本年度のチームのFW平均体重は85キロ。全国の強豪は90キロ台半ばだけに、体格差の克服が課題となる。
 「鍵となるのはパスのスピード」(丹野監督)。京都成章とは今夏に練習試合で対戦。敗れたものの、前半はテンポの速いパス回しでつないで善戦した。体がぶつかり合う接点で優位に立てなくても「スピードと戦術を工夫すれば戦える」(...    
<記事全文を読む>