第98回全国高校ラグビー大会(27日~来年1月7日)に出場する本県代表の静岡聖光学院高ラグビー部の選手が13日、静岡市駿河区登呂の静岡 新聞放送会館を訪れ、谷川治静岡新聞社常務らに健闘を誓った。
 選手19人と岡村寿夫校長、佐々木陽平監督が訪問。選手は一人ずつ「体を張ったプレーでチームに貢献したい」「激しいタックルでピンチを救う」などと抱負を話し、高成田光主将は「目標はベスト8。強みの守備で相手の攻撃を止めたい」と決意を述べた。谷川常務は「県3冠の勢いを全国大会でも見せてほしい。一戦一戦自信を持って戦って」と激励した。
 聖光高は11月の県大会決勝で浜松工に56―7...    
<記事全文を読む>