全国高校ラグビー大会に県代表として出場する日本航空高校石川(輪島市三井町)ラグビー部の壮行会が七日、同校であり、選手たちに在校生七百人が熱いエールを送った。

 在校生に見守られながら部員三十人が入場し、体育館の壇上に整列。選手を代表して石山愁太主将(三年)は「目標はもちろん日本一。先生や在校生のみんな、そして家族に恩返しができるよう全力でプレーをしてきます」と誓った。

 在校生は応援団の掛け声に合わせて、帽子を振りながら「フレーフレー航空」と激励。ラグビー部の監督も務める小林学校長は「先輩たちは前回大会で毎年決まった顔触れだったベスト8に進出し、風穴をあけた。ま...    
<記事全文を読む>