来年1月7日の第98回全国高校ラグビー大会決勝を前に行われる第11回U18合同チーム東西対抗戦の東軍メンバーに、県工高3年の上田賢信選手(17)=三口町=が選ばれ、夢の舞台である東大阪市の花園ラグビー場でプレーする。
 前回は兄の龍之介さん(金沢西高OB、金沢星稜大)が選ばれ、兄弟出場となる上田選手は「東軍の勝利に貢献できるよう、力いっぱい頑張る」と闘志を燃やしている。
 U18合同チーム東西対抗戦は少人数校の高校ラガーマンに夢と希望を与えようと2009年に始まり、東西各25選手で組む合同チームが激突する。
 上田選手は高校時代にラグビー部に所属した父昌和...    
<記事全文を読む>