ソフトボールの全国高校選抜大会徳島県予選を兼ねた第53回県高校新人大会最終日は3日、吉野川北岸運動場で男女の準決勝と決勝が行われた。男子決勝は城北が5―1で徳島科技を破り、3年ぶり6度目の優勝を飾った。女子は池田辻が4―0で徳島商に完封勝ちし、校名変更後初の頂点に立った。

 男女とも優勝校が来年3月の全国大会(男子=17~20日・東京都あきる野市、女子=16~19日・佐賀市)に出場する。

 気迫で宿敵の壁破る 城北

 同点で迎えた最終七回、3年ぶりの頂点に懸ける城北男子ナインの気迫が勝利を呼び寄せた。

 打者一人一人がボールを見極め、3四...    
<記事全文を読む>