バレーボールの第71回全日本高校選手権大会(春高バレー)沖縄県代表決定戦は23日、豊見城市民体育館で最終日があり、男女で西原が頂点に立った。男子決勝で西原は3―0で美里工を制して9年連続24回目、女子決勝は西原が3―0で小禄を下して4年連続8回目の制覇となった。男女西原は県代表として春高バレー(2019年1月5~13日、東京都調布市の武蔵の森総合スポーツプラザ)出場を決めた。

 ◇男子V9 山城 抜てきに応え活躍

 6月の九州初制覇やインターハイでの健闘と16強入りから一転、まさかの国体九州ブロック予選敗退や県新人2位など苦戦を強いられた男子西原が、コ...    
<記事全文を読む>