バレーボールの県高校選手権大会は最終日の17日、津市北河路町のサオリーナで決勝があり、男子は松阪工、女子は三重が優勝し、来年1月5日に武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する全日本高校選手権(春の高校バレー)出場を決めた。松阪工は4年連続25回目、三重は2年連続3度目。

男子決勝は松阪工がフルセットの末、皇學館に3―2で競り勝った。女子決勝は三重が、2年ぶりの春高出場を目指していた津商をセットカウント3―1で下した。

...    
<記事全文を読む>