トップでたすきをつないだ姉妹の力走が光った樟南が3年ぶり3度目の全国切符をつかんだ。2区の原田まつりは左足首の故障明けで出場。2位から「妹が待っているので」と力を振り絞ってトップに浮上し、2歳下で1年生のまりんへリレーした。まりんは「お姉ちゃんの顔を見て安心して突っ込んでいけた」と区間賞を獲得。チームは3位で、ライバルの神村学園には勝てなかったが、まつりは「3年間の集大成として、目いっぱい走りたい」と都大路での姉妹共演に思いをはせた。

...    
<記事全文を読む>