中国高校駅伝は17日、出雲市の浜山公園陸上競技場を発着点に男子は7区間42・195キロ、女子は5区間21・0975キロのコースで競う。注目は全国高校駅伝(12月23日・京都市)の第30回記念大会として、中国地区代表の1枠を争う女子だ。各県代表を除く最上位が、都大路への切符を手にする。

...    
<記事全文を読む>