男子第54回、女子第29回東北高校駅伝は8日、一関市の市総合体育館発着とする一関遊水地内特設コースで初めて行われる。県勢は先月18日の県予選会を制した男子・一関学院、女子・盛岡誠桜を中心に上位をうかがう。今回は女子が全国大会30回の記念大会となるため、各県代表を除く東北代表の出場1枠を懸けた戦いにも注目だ。

 男子は42・195キロを7区間、女子は21・0975キロを5区間でつなぐ。男女とも27チーム(オープン参加1チーム含む)が出場する。男子は午前10時、女子は同10時35分にスタートする。

 男子は昨年の全国3位で、各県予選会のトップタイム(2時間5分40秒...    
<記事全文を読む>