全国高校駅伝の県予選会が四日、小松市こまつドーム発着の駅伝コースであり、七区間42・195キロの男子は遊学館が2時間8分6秒、五区間21・0975キロの女子も遊学館が1時間11分51秒でそれぞれ大会新記録を出し、アベック優勝した。男子は十年連続十一回目、女子は二年ぶり十二回目の都大路切符をつかんだ。

女子2年ぶり 男子10連覇

 男女とも上位三校が十八日に富山県黒部市である北信越大会に出場する。全国女子駅伝は三十回の記念大会のため、各県の県予選一位校をのぞく北信越大会の最上位校も、出場権を得られる。全国駅伝は男女とも十二月...    
<記事全文を読む>