県高校駅伝競走大会(県高校体育連盟など主催)が四日、野洲市の県希望が丘文化公園特設コースであり、男子は滋賀学園が三年ぶり十一回目の優勝、女子は比叡山が六年連続八回目の優勝を果たした。比叡山は、これまでの大会記録を30秒縮める1時間13分08秒の大会新記録をマークした。

 両校は十二月二十三日に京都市である全国大会に出場する。男女の上位六チームは今月十八日に大阪府能勢町である近畿大会に出場する。

 男子は七区間計四二・一九五キロで争われ、オープン参加の三チームを含む十九チームが出場。女子は五区間計二一・〇九七五キロのコースを競走し、同二チームを含む十八チームが出場...    
<記事全文を読む>