男子第69回、女子第33回島根県高校駅伝競走大会が3日、出雲市の県立浜山公園陸上競技場を発着する男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロのコースで行われ、男子は出雲工が2時間13分8秒で23年連続27度目、女子は平田が1時間16分12秒で8年連続10度目の優勝を果たした。

 男子は出雲工が全7区間で区間賞を取り、独走した。平田と三刀屋、大田の3校が出雲・大田地区として合同チームを組み、オープン参加した。女子は平田が最終5区で益田東を逆転した。

...    
<記事全文を読む>