第97回全国高校サッカー選手権(12月30日〜来年1月14日)の組み合わせ抽選会は19日、都内で行われ、県代表で3年ぶり5度目出場の東京都市大塩尻は、初出場の瀬戸内(広島)と1月2日の2回戦で対戦することが決まった。会場は味の素フィールド西が丘で、午後0時5分試合開始。都市大塩尻は、武蔵工大二時代に出場した第87回大会以来の初戦勝利を目指す。

 48校が出場し、開幕カードは駒大高(東京B)―那覇西(沖縄)。前回優勝の前橋育英(群馬)は宇和島東(愛媛)と2回戦で対戦する。

 前回、上田西が3位に入ったため、都市大塩尻は第3シード。高橋監督は「瀬戸内は戦術を持ったサ...    
<記事全文を読む>