半世紀ぶりの戴冠-。関西学院が全国高校サッカー選手権兵庫県予選を制した11日、スタンドで観戦していたOBも歓喜に沸いた。「やっと(壁を)越えてくれた」。OB会長で、50年前の前回優勝時に主将だった宇多田勉さん(67)=兵庫県伊丹市=は、ピッチ上で喜ぶ後輩たちに拍手を送った。(有島弘記、山本哲志)

 50年前は今と大会方式が異なり、都道府県単位ではなく、関西など地域ごとの代表校が全国切符を手にした。同校の100年史などによると、当時の関学は県芦屋との県代表決定戦に1-0で勝ち、関西地区代表選考会に進出。4-0で畝傍(うねび)(奈良)を下し、全国の舞台に駒を進めた。「顧問にジュ...    
<記事全文を読む>