サッカーの第40回皇后杯全日本女子選手権大会は4日、藤枝総合運動公園陸上競技場などで1回戦8試合を行った。2年ぶり出場の常葉大橘高は0―3で千葉U―18(18歳以下)に敗れた。24、25日に行う2回戦は静岡産大磐田と、1回戦を勝ち上がった藤枝順心高、JFAアカデミー福島が臨む。

 ▽1回戦
 千葉U―18(関東) 3(0―0 3―0)0 常葉大橘高(東海)

 ■序盤の好機を生かせず完敗
 常葉大橘高は序盤の好機を生かせなかった。前半12分、加藤の左クロスを小林が合わせたが、決められなかった。その後もサイドから仕掛けたが、精...    
<記事全文を読む>