全国高校サッカー選手権埼玉大会(埼玉新聞社など後援)は3、4日の両日、浦和駒場スタジアムで準々決勝を実施し、ベスト4が出そろう。組み合わせは昌平―正智深谷、浦和東―西武文理、成徳大深谷―市浦和、武南―浦和南。各カードの見どころを探った。

■2年前準決勝の再戦/昌平―正智深谷

 優勝争いを左右する注目の一戦だ。今夏の全国高校総体4強で連覇を掲げる昌平が実績は上だが2年前の準決勝では1―0で正智深谷が勝ち、そのまま頂点まで上り詰めた。正智深谷は粘り強く戦い、その再現を狙う。

 正智深谷はボール保持率は低くなりそうだが逆にカウンターが有効。圧巻の突破力を誇る...    
<記事全文を読む>