第98回全国高校ラグビー大会県予選は4日、長野市の長野Uスタジアムで決勝があり、岡谷工が飯田を22―12で下し、2年ぶり32度目の優勝を飾った。岡谷工の全国大会出場は30度目。

 決勝は10年連続で同じ顔合わせ。岡谷工は前半12分、モールからフッカー吉池のトライで先制。終盤は飯田に攻め込まれたものの7―0で前半を折り返した。後半は開始2分にSO春宮のトライで加点すると、9分にCTB藤森、19分にプロップ三鬼がモールからトライを決め、22―0とリード。飯田の反撃を2トライに抑えた。

 全国大会は12月27日に東大阪市の花園ラグビー場で開幕する。...    
<記事全文を読む>