秋季岡山県高校軟式野球大会(山陽新聞社後援)は27日から3日間、高梁市のなりわ運動公園野球場と神原スポーツ公園野球場で行われる。17チームによるブロック予選を勝ち上がった8チームが出場し、上位2校は来年の春季県大会の出場権を得る。

 優勝候補の筆頭は倉敷工。今春の中国大会を制した旧チームからのメンバーが多く、新田―植本のバッテリーをはじめ内野陣は安定感抜群。打線も上位を中心に得点能力が高く、攻守にまとまる。対抗馬は夏の全国選手権に出場した右腕瀧本が大黒柱の井原か。予選3試合をいずれも僅差で勝つなど接戦に強い。このほか、2連覇を狙う矢掛は真砂、森上ら打線が強力。大景...    
<記事全文を読む>