バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)県予選会を兼ねた県高校選手権は28日、県体育館で男女の準決勝と決勝が行われ、男子は羽黒が8年ぶり2度目の優勝、女子は山形商が第1回大会からの29連覇を果たした。

 男子決勝は羽黒と鶴岡工が対戦。羽黒は第1クオーターで25―9とリードすると、内外からの得点で点差を広げ、106―70で快勝した。女子決勝は山商―東海大山形のカード。山商は速攻などで得点を積み重ね、前半を53―21で折り返した。後半はリバウンドを奪われて一時点差を詰められたが、110―50で勝利した。男子の羽黒と女子の山商は12月23日に開幕する全国大会...    
<記事全文を読む>