バスケットボールの全国高校選手権大会県予選最終日は21日、霞ケ浦文化体育会館で男女の決勝が行われ、男子は取手二が初優勝を飾った。女子は土浦日大が3連覇を果たした。取手二は初、土浦日大は3大会連続13度目の全国選手権出場。

男子の取手二は7連覇を狙った土浦日大を、78-66で撃破。精度の高い外角のシュートで序盤に流れをつかむと、最後まで主導権を握り続けた。土浦日大は2012年の県新人大会から続いた県大会連勝記録が142でストップした。

女子の土浦日大は明秀日立に76-72で競り勝った。32-34で迎えた第3クオーターに速攻で得点を重ねて逆転し、...    
<記事全文を読む>