全日本高校女子サッカー選手権県大会は21日、藤枝市民グラウンドで決勝を行い、藤枝順心が磐田東を1―0で下して7連覇した。
 藤枝順心は後半6分、FW谷穂花が決勝点を挙げた。藤枝順心と準優勝の磐田東は全国大会出場を懸け、11月17、18日に三重県で行われる東海大会に出場する。

 ▽決勝
 藤枝順心 1(0―0 1―0)0 磐田東
 ▽得点者【藤】谷

 ■1年谷が決勝点
 藤枝順心が辛くも女王の座を守った。「厳しい試合でした」と多々良監督。決定力不足に苦しむ中、成長著しい1年生FW谷が7連覇を呼び込んだ。<...    
<記事全文を読む>