サッカーの第97回全国高校選手権県大会第5日は20日、盛岡市のいわぎんスタジアムなどで準々決勝4試合が行われ、4強が出そろった。盛岡商と遠野は6年連続、盛岡市立は3年連続、花巻東は3年ぶりの準決勝進出を決めた。

 花巻東は2-1で迎えた後半に一挙4点を奪い6-1で一関二を退けた。盛岡商はFW村井勇仁(3年)のハットトリックなどで水沢に8-1と完勝した。盛岡市立は県高校総体準優勝の専大北上を1-0で破り、遠野は不来方を1-0で下した。

 第6日の24日は同スタジアムで盛岡商-花巻東(午前10時半開始)、盛岡市立-遠野(午後1時半開始)の準決勝2試合が行われる。 <記事全文を読む>