全日本高校女子サッカー選手権県大会は7日、決勝トーナメントが始まる。
 予選A組1位の磐田北はB組2位の藤枝西、B組1位の桐陽はA組2位の清流館と対戦する。勝者が14日の2回戦でそれぞれシードの磐田東、東海大翔洋に挑む。
 スーパーシードの藤枝順心と常葉大橘は20日の準決勝から登場する。
 決勝は21日に藤枝市民グラウンドで行われる。2位までが11月17、18日に三重県で行われる東海大会に出場する。

...    
<記事全文を読む>