第98回全国高校ラグビー大会県大会は27日、佐賀市の県総合運動場陸上競技場で決勝があり、佐賀工が鳥栖工を134-7で破り、37年連続47度目の栄冠を手にした。佐賀工は12月27日から大阪府東大阪市の近鉄花園ラグビー場で開かれる全国大会に出場する。

 佐賀工は前半3分、WTB進藤陸が中央へトライを決めて先制。パスワークが乱れる場面もあったものの、47-7で前半を折り返した。後半は開始直後のFL宮上凜のトライを皮切りに着実に得点を重ねた。20分にはLOの桒島一成が相手タックルをものともしない突破でトライを奪った。

 鳥栖工は終始守りに回る展開だったが、前半にナンバー...    
<記事全文を読む>