ラグビーの第98回全国高校大会県大会第4日は13日、盛岡市のいわぎんスタジアムで準決勝が行われ、黒沢尻工は盛岡工に104-5(前半31-5)と大勝して4年連続、宮古は黒沢尻北に19-14(前半0-7)と逆転勝ちして4年ぶりに決勝へ駒を進めた。

 黒沢尻工は16トライを量産し、準々決勝に続いて3桁得点の猛攻。前半10分、SO土橋郁矢(3年)のトライ(ゴール)で先制すると、FW、バックス一体となった攻めで優位に立ち、後半は一方的にトライを重ねた。

 盛岡工は前半16分の1トライに終わった。宮古は後半に3トライ(2ゴール)を重ねた。3分、CTB阿部辰哉(3年)のトライ...    
<記事全文を読む>